2024/06/18

Nの卒業生

 広島なぎさ中学校・高等学校で輝く生徒や教職員、卒業生も含め「なぎさらしく」がんばっている人を紹介したい...ということで、不定期ですが「Nの〇〇」と題して、左のロゴ・パーパスを目印に始めています。

6月18日(火)、本校を訪ねてきてくれた三木 まりあさんを紹介します。
三木さんはなぎさ公園小学校2期生で、2016年に広島なぎさ中学校・高等学校を卒業し、現在、地元である廿日市市阿品でMathys Baller(マティス バレエ)のバレエ主宰講師を務め、
約60名の生徒さんを教えています。
Mathys Baller(マティス バレエ)の生徒さん
三木さんは中学生の時に初めてエントリーした国際コンクールを目前に、白血病を発症しました。「自暴自棄に陥りました。でも、丁寧に治療してくださった医療スタッフ、大好きなバレエの先生や先輩、なぎさの先生や友だちなどたくさんの方からエールをもらい、希望を持ち続けることができ、『絶対にまた舞台に立つ』と、気持ちを立て直すことができました。バレエは自分の人生そのものであり大好きで、感謝しかありません。」とのこと。その経験から世の中の役に立ちたいと、バレエを続ける傍ら、大学では看護学を専攻し、看護師国家資格を取得しました。また、2019年Miss SAKE(ミス日本酒)Hiroshimaに選ばれ、地元の酒蔵や文化を広めるなど、地域貢献にも関わっています。そして、YAGP NYファイナル団体TOP12、2022年全国MIEバレエコンベンション 島崎徹 審査委員長特別賞、YBC in京都 優秀賞、山口国際ダンスコンペティション第1位、その後、エキシビションやガラ公演、イベントに出演するなど現役バレエダンサーとしても幅広く活動しています。
Miss SAKE Hiroshima 2019
山口国際ダンスコンペティション第1位(2022.8)
この度、主宰講師を務めるMathys Baller(マティス バレエ)の記念すべきファーストコンサート~命の贈り物"Gift of life"~を開催します。
「今、リハーサルなどで忙しくしています。想像以上に大変です。でも、とっても充実しています。」と話す目はとても輝いていました。そして嬉しいことに「私の生徒さんへの教えのもとは『なぎさ』です。」と教えてくれました。謙虚で常に感謝の心をもち続け、人に優しく、そしていつも志を高くもち、強い精神力で前を向いてチャレンジする...そのような三木さんに習う生徒さんはどう成長されていくのでしょうか、とても楽しみです!!三木さんはまさしく「なぎさらしく」がんばり、活躍している「Nの卒業生」だと思い紹介させてもらいました。

2024/06/17

なぎさキジバト観察記【6/17】

 6月17日(月)、2日間観察ができなかったので、気になって1時間目に行ってみました。身体の向きを変えて抱卵していたので、ほぼ全身を見ることができました。
高校生は今日から第1回定期考査です。この木の近くの北棟、西棟は静まり返っています。そのような中抱卵が続いていました。

今日まで積み重ねてきた力を発揮できることを願っています。


2024/06/16

令和6年度中国地域高等学校対抗自転車道路競走大会

 6月16日(日)、さくらおろち湖自転車競技周回コースで「令和6年度中国地域高等学校対抗自転車道路競走大会」が開催され、昨日「Nの生徒」で紹介した5年生石原 太一さんが出場しました。中国地域の上位選手78名が熱い戦いを繰り広げました。関門所で15位選手から5分遅れた場合レース除外となります。広島県総体では、66名中13名しか完走でしきなかったそうです。石原さんは今回完走を第1目標としていました。
残念ながら、タイヤのパンクの影響で目標の完走はできませんでした。が、すぐに次の大会へ向けて気持ちは前へ向いており「この自転車競技のことをたくさんの人に知ってもらいたいです。そのために、もっと自分が強くなって、この競技の魅力を伝えていきたいです。」とのこと。自分との戦いに挑み全力を尽くす石原さんをはじめ自転車競技の選手のみなさんの姿に感動しました。
頑張ってください!!
応援しています!!


2024/06/15

Nの生徒

 広島なぎさ中学校・高等学校で輝く生徒や教職員、卒業生も含め「なぎさらしく」がんばっている人を紹介したい...ということで、不定期ですが「Nの〇〇」と題して、左のロゴ・パーパスを目印に始めています。

Instagramでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、広島県で7位となり、令和6年度中国地域高等学校対抗自転車競技大会に出場している5年生石原 太一さんを紹介します。先週はトラック競技の「男子3㎞インディヴィデュアル・パシュート決勝」「男子1㎞タイム・トライアル決勝」に出場しました。
明日はロード競技の男子86.1㎞(12.3㎞/周×7週回)に出場します。自転車をもたせてもらうと、思ったよりも軽く7.3㎏だそうです。
石原さんは自転車が好きで、学校にクラブがないので、まず親を説得するところから始めたそうです。簡単ではなかったそうですが、何とか始めることができ、そして様々自ら積極的に行動し、いつも笑顔で明るい人柄も合わさって仲間が増え、今では「eNshare Cycling Team」で練習を積み重ね、中国大会に出場するレベルとなりました。「なぎさらしく」やりたいことに対して行動をおこし、努力し、そして志を高くもち、前を向いてチャレンジする「Nの生徒」だと思い、紹介させてもらいました。

2024/06/14

なぎさキジバト観察記【6/14】

 6月14日(金)、昨日「キジバトは雄雌ともに抱卵を行い、日中は雄、夕方から朝までは雌が連続して抱卵する。」と教えてれた生徒が昼に「先生が撮影したキジバトと今抱卵しているキジバトは違うように思うんですけど。」と言うので見に行きました。確かに違うようです。調べてくれた生徒と、ということは、時間帯を考えると今まで撮影したキジバトは雌で、今抱卵しているのは雄なのではないかということになりました。
今日もさらにウロコ模様の背中を見ることができました。不定期ですが、また「なぎさキジバト観察記」をお伝えします。

世界の料理

 6月14日(金)、2年生フロアに行くと「ナンプラーが、、、。」と話題になっていたので気になり生徒に聞いてみると「創造国際の調理実習で、、、。」と教えてくれたので授業に行ってみました。何をつくっているかわかりますか?
ベトナム生春巻きです!!ナンプラーが登場した時の生徒たちの反応は様々でしたが、思っていた以上においしかったという声が多かったです。もちろん、臭いが好きになれないという生徒もいましたが、、、。
自分の味覚をもっておいしいと共感できるものもあれば、苦手な味・臭いなど違和感を感じるものもあります。異文化から何かしらの衝撃を受け、それを受容したり、創意工夫したりして取り入れやすいものにすることができるようにと世界の料理をつくっています。

2024/06/13

なぎさキジバト観察記【6/13】

  6月13日(木)、中村先生にキジバトを見つけた時のことをさらに詳しくお聞きしました。1羽のキジバトが飛び立つ瞬間に居合わせ、あっと思い木の方を見ると卵が見えたそうです。そこにはもう1羽のキジバトがいたそうです。「キジバトは雄雌ともに抱卵を行い、日中は雄、夕方から朝までは雌が連続して抱卵する。」と気になって調べてきてくれた生徒が教えてくれました。そうなると、中村先生は、雄と雌が入れ替わる瞬間を見たのかもしれません。18時40分の様子です。もう入れ替わって雌が抱卵しているのでしょうか。今日はウロコ模様の背中を見ることができました。
不定期ですが、また「なぎさキジバト観察記」をお伝えします。